ホーム チーム

チーム

-四国香川から日本一の社会人アイスホッケークラブチームを目指します-
-香川アイスフェローズは、アイスホッケーを通して夢と感動を与えます-
-「フェアプレー&リスペクト」精神に徹し、全てのスポーツマンの目標になります-
-地域の活性化のためにスポーツ文化を育成します-
-頂点への挑戦-
-四国香川から日本代表候補選手を輩出し、オリンピック日本代表チームを支援します-

代表挨拶

香川アイスフェローズに、いつも温かいご声援ご支援を賜り厚く御礼申し上げます。

平成21年(2009年)に運営会社 K・I・Eコーポレーションの設立と共に、チーム名を香川 アイスフェローズに改称し10シーズンを終えました。
この10年間、平成23年(2011年)1月の第66回八戸国体にて初のファイナリストに進出し、準優勝する事が出来ました。そして平成30年(2018年)名古屋で開催された第6回Jアイス プレーオフにて初の優勝 日本一を勝ち取る事が出来ました。
また、平成25年(2013年)4月には、「かがわ21世紀大賞」をチームとして受賞致しました。

香川アイスフェローズとなってから、サポーターズクラブ「フェローズクラブ」を組織して個人会員・法人会員の皆様からご協力頂いています。
初年度は、個人会員286名・法人会員63社でしたが、10期目の平成30年度シーズンでは、個人会員666名・法人会員92社の皆様からご協力を頂きました。
また、香川県内の方に香川アイスフェローズの活動をより認知して貰う為に、スケート教室・各所自治体のイベントを開催参加し地域密着活動を進めています。

本年は、新入団選手が1名加わり、球団スタッフを含め25名で活動して参ります。
そして、今シーズンは、長距離遠征が2回あり移動経費が大変なのが現状です。
「フェローズクラブ」は、私達と夢を共有し、その実現に向けて一緒に歩んで頂ける方々の会で、今シーズンもこれまで以上のご声援ご支援をお願い申し上げますと共に、チーム目標の3冠(国体・全日本B・Jアイスプレーオフ)を目指して精進する所存です。

『 Win with Respect~ Be a grown-up human being~ 』をチームスローガンに掲げ、地域の皆様と一体となり、多くの喜びと感動を共有し、「四国香川」を盛り上げていきたいと思っております。

令和元年9月

香川アイスフェローズ
代表  安岡章夫

アイスフェローズモデルの紹介

チームスタッフ・選手の雇用先一覧(令和元年9月1日 現在)

アイスフェローズの主な活動内容

マスコットキャラクター

I☆bear(アイ☆ベア)
アイスフェローズは地域の皆様に親しみをもって一緒に育てていただきたいという想いから、皆さんの側にいつも居て親近感のある 「テディベア」のような存在でありたい気持ちから、アイスフェローズは完全なるプロスポーツではないので、強さや威厳の象徴ではなく親しみや優しさを感じていただき、愛されるチームでありたいというイメージから生まれました。 口はスティック、目はパック。直線をあまり使わず、アイスリンクやアイスホッケーの持つ曲線を多用して作ったデザインです。

ホームアリーナ

トレスタ白山アイスアリーナ

住所:香川県木田郡三木町下高岡972番30

電話番号:0120-319-124
087-898-8881

ページTOPへ